HANDKERCHIEF BOOKS

僕が飼っていた牛はどこへ行った? ~「十牛図」からたどる「居心地よい生き方」をめぐるダイアローグ~ (藤田一照 長沼敬憲著)

¥1,080 *¥3,500以上購入すると送料が無料になります

【内容紹介】

牛飼いは、探し求めている牛をどうやって見つけ、どう関係を取り戻していったのか?漫然と歩き続ける旅に飽き、なぜという疑問が湧いてきたのなら、あなたのなかの牛を探してください。 (「はじめに」より)
 
 
【著者プロフィール】

藤田一照 Issho Fujita
1954年、愛媛県生まれ。灘高校から東京大学教育学部教育心理学科を経て、大学院で発達心理学を専攻。院生時代に坐禅に出会い深く傾倒。28歳で博士課程を中退し禅道場に入山、29歳で得度。33歳で渡米。以来17年半にわたってマサチューセッツ州ヴァレー禅堂で坐禅を指導する。2005年に帰国し、現在、神奈川県葉山の「茅山荘」を中心に坐禅の研究、指導にあたっている。曹洞宗国際センター2代所長。 著書に『現代坐禅講義―只管打坐への道』、共著に『アップデートする仏教』、訳書に『禅への鍵』『法華経の省察』『禅マインド ビギナーズ・マインド2』などがある。
http://fujitaissho.info
 
 
長沼敬憲 Takanori Naganuma
1969年、山梨県生まれ。出版プロデューサー&エディター。リトル・サンクチュアリ代表。30代で医療・健康・食・生命科学の分野の取材を開始、書籍の企画・編集に取り組む。著書に、『腸脳力』(BABジャパン)、『この「食べ方」で腸はみるみる元気になる!』(三笠書房)。企画編集した書籍に『死と闘わない生き方』(土橋重隆・玄侑宗久/ディスカヴァー21)『ゆるめる力 骨ストレッチ』(松村卓/文藝春秋)『「筋肉」より「骨」を使え!』(松村卓・甲野善紀/ディスカヴァー21)『栗本慎一郎の全世界史』(技術評論社)、『腸を鍛える』(光岡知足/祥伝社)などがある。2015年、「ハンカチーフ・ブックス」を創刊。
http://little-sanctuary.net
 
 
【商品説明】

新書: 106ページ
出版社: 株式会社サンダーアールラボ
言語: 日本語
ISBN-10: 4-908609-01-2
ISBN-13: 978-4-908609-01-5
発売日: 2015/12/11
商品パッケージの寸法: 17.3 x 10.9 x 0.65 cm
仕様: ソフトカバー(別紙カバーなし)
 
 
【ご購入方法】

こちらのサイトは、ハンカチーフ・ブックス商品の『クレジット決済、コンビニ決済、Pay-easyでのお支払い専用サイト』です。
銀行振込でのご購入をご希望のお客様は、以下のオフィシャルサイトをご確認ください。
http://handkerchief-books.com/product/978-4-908609-01-5/