大学教授のショップ [ホリエモンのメルマガで副業として1番 に紹介されました!] 大学教授のショップ [ホリエモンのメルマガで副業として1番 に紹介されました!]

R用 Generative Topographic Mapping (GTM) プログラム・コード (データを準備するだけで実行可能)

データを準備するだけで、RでGenerative Topographic Mapping (GTM) を実行できるプログラム・コードです。以下のURLからzipファイルをダウンロードしてください。
http://univprofblog.html.xdomain.jp/code/gtm_analysis_all_e_r_pass.zip
購入していただくと、zipファイルを解凍するためのパスワードが表示されます。

このプログラムで実行される流れについては下のURLのページをご覧ください。
http://univprof.com/archives/16-05-31-3606877.html
プログラムは上のページの「手順通り」に実行されるようになっています。

このプログラムはcsvファイルによってデータのやり取りをします。csvファイルのデータ形式およびサンプルデータについては下のURLのページをご覧ください。
https://note.mu/univprof/n/n694487325cb1

プログラムを実行するときのR環境については下のURLのページをご覧ください。
https://note.mu/univprof/n/nb07629b23252

また下のURLのzipファイルもダウンロードして下さい。
http://univprofblog.html.xdomain.jp/code/R_scripts_functions.zip
解凍すると必要なスクリプトと関数があります(こちらは無料です)。解凍した後に、GTMのプログラムのディレクトリ(フォルダ)と同じところにすべてのファイルを置いてください。

あとは購入されたプログラムを実行するだけです。

実行するとGTMの二次元マップが出力されます。各サンプルの各座標の値(Mean)がPointsOnGTMmapMean.csvに、各座標の値(Mode)がPointsOnGTMmapMode.csvに保存されます。