user_3089017095

CD Voices for piece~平和への声

世界を股に掛けるフルート奏者、
井原和子ファースト・アルバム

2006年にシュトックハウゼン・コンクールコンサートにて優勝を飾り一躍注目を集めたフルート奏者、井原和子が「ANIMA RECORDS」よりファースト・アルバムをリリースいたします! ベルリン・フィルの中核を担うフルート奏者であり、井原の師でもある名手ミヒャエル・ハーゼルほか、田中紫織、保都玲子らを共演者に迎え、様々な編成のフルート作品を織り交ぜたプログラムとなっています。
 現代作曲家たちの作品を多く含んでおりますが、いずれ作品も親しみやすい旋律で、フルート・ソロの優美な音色と伴奏楽器の特色を活かしたアンサンブルが魅力的。アルバム・タイトルにもなっている、15人のノーベル平和賞女性受賞者に捧げられたスペンサーの『平和への声』では、マリンバやその他打楽器との掛け合いに聴き入ります。ハイドンのピアノ・ソナタ第23番は、井原がハーゼルと共演すべく、このアルバムのために編曲したもの。原曲の魅力を活かしつつ、フルート2本ならではの清廉な響きを活かした編曲に仕上がっています。最後に収録された『アメイジング・グレイス』はフルート・ソロのための編成版による演奏。ジャズ・トロンボーン奏者の岩崎による編曲とあって、ところどころに特殊奏法やジャズの要素が盛り込まれている興味深い作品です。(キングインターナショナル)

【収録情報】
1. スペンサー:平和への声~フルートとマリンバ、ヴィブラフォン、打楽器のための
2. ダマーズ:演奏会用ソナタ~フルートとピアノのための
3. ハイドン:ピアノ・ソナタ第23番ヘ長調 Hob.XVI:23(井原和子によるフルート2本のための編曲版)
4. スペンサー:トゥリー・ソング~フルートとマリンバのための
5. シャンカール/田中紫織:魅惑の夜明け(ラーガ『TODI 」に基づく)~フルート、マリンバと打楽器のための
6. 伝承曲:アメイジング・グレイス(岩崎敏信によるフルート・ソロのための編曲版)

 井原和子(フルート)
 ミヒャエル・ハーゼル(フルート:3)
 田中紫織(マリンバ、打楽器:1,5)
 保都玲子(ピアノ:2)

 録音場所:スイス、ラ・ショー=ド=フォン(2,3) 名古屋、熱田文化小劇場(1,4,5,6)
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

【井原和子】
武蔵野音楽大学卒業後、ケルン国立音楽大学院、および同大学現代音楽科を修了。フルートを高久進、西田直孝、H.M.ミュラー、K.パスフェアらに師事すると共に、現代音楽をP.エトヴシュに師事。電子音楽の発展に貢献したケルン楽派の先駆者であるK.シュトックハウゼンとの造詣も深い。
2006年にシュトックハウゼン・コンクールコンサートにて優勝。
近年ではシュトックハウゼンの音楽から、さらに舞台芸術発展させるべく欧州の多くの作曲家と電子音楽、劇場音楽を始めとしダンサーとのコラボレーション等にも参加し、新しいパフォーマンスを展開している。2009年に帰国して以降、日本を拠点に国内外での演奏活動を続けている。(キングインターナショナル)