オンラインショップ演

イマージュ・フランセーズ/Images Francaises

¥2,800

このアルバムで菊地裕介が見せてくれるのは、フランス音楽の代表的傑作のパノラマです。詩的であると同時に、分析的、そしてテクストを十分に尊重した彼の演奏に私は類まれな喜びを覚えました。音の響きへの想像力の豊かさと、演奏技術のクオリティの特筆すべき高さによって、このアルバムは充実した豊富なディスコグラフィー中でもえり抜きの地位を占めるでしょう。(ミシェル・ベロフ)
これまでマリア・カナルス、ポルト、プーランクなどの国際コンクールで優勝し、2006年には歴史あるジュネーブ国際コンクールで上位入賞を果たした若き実力は、菊地裕介のソロデビューアルバムです。覇気に溢れる表現意欲と高い演奏技術を、表情豊かでかつ細部まで緻密な演奏に結びつける期待の大器であり、若い世代で最も注目されているピアニストの一人です。ラヴェルのラ・ヴァルスでは、作曲者による2台ピアノへの編曲を菊地裕介自身の多重録音で収録。まばゆいばかりの色彩感とオーケストラにも匹敵する音響効果を、見事なアンサンブルの上に披露しました。

【収録曲】
ドビュッシー
《映像》第1集、第2集
ラヴェル
ラ・ヴァルス 菊地裕介自身の多重録音による2台ピアノ版
プーランク
主題と変奏
フランク
前奏曲、コラールとフーガロ短調
ドビュッシー
月の光

録音:2007年10月29~31日 笠懸野文化ホール(PAL)